糖質制限ダイエットを始めたきっかけ

私が糖質制限ダイエットに取り組んだのは2015年の夏です。当時、身長173cm体重74kgでBMI(肥満度を示す体格指数)は24.7でした。BMIが25を超えると肥満と判定されるので、ギリギリ肥満ではないという体格だったんです。
首が細く手が長いため、服を着ているとそんなに太く見えないので、周りからは「ダイエット要らないんじゃないの?」って言われていました。




スポンサーリンク

しかし!2014~2015年で体重が4kg増え、ズボンのボタンが止まらない寸前にまでなっていたんです。35歳を過ぎると、今までの食生活のままでは、じょじょに体重が増え続けるんですねぇ。学生のときは61kgだったので、いつの間にか13kgも増えてたんです。歳とともに基礎代謝が落ちるというのはこれか!と思いました。
近くのフィットネスクラブに行きプールで泳いだりしたんですが、体重はいっこうに減る気配がない・・。

そんな中、テレビで劇的に痩せるというCMを見て、どういう内容かネットで検索してみると、食事で摂る炭水化物をかなり少なくしながら運動をするんだということがわかりました。
当時はまだ炭水化物と糖質の差がわかっていなくて、米やパン・麺類それからスナック菓子やスイーツを減らせばいいんだな程度に思っていました。
麺類が大好物で食後のスイーツもよく食べていたので結構キツい内容だなぁと思いながら、それだけ効果があるのであればとりあえずやってみようか、と思いました。

今までダイエットに取り組んだことがなかったので、ダイエットに停滞期があることやリバウンドなど何も考えず、とにかく始めてみることにしました。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする