糖質制限ダイエットその後

9月になり糖質制限を解除することにしました。しかし、もはや体が慣れてしまって、糖質増やしたいと思わないんですね。
日本人に生まれたから米を断つのなんて無理!って思っていましたが、単に習慣で食べたいだけなんだろうな、と糖質制限をやってみて思いました。
とは言え、糖質制限が体に良くないという説もありますし、私自身が物事はほどほどがいいと思っていますから、糖質を摂っていくことにしました。




スポンサーリンク

まずは朝食の白ごはんを復活させました。次に昼食の麺類も解禁しました。すると、ここで思いもよらないことが起こりました。
昼食に糖質をたくさん摂ると、13時台に猛烈な睡魔に襲われるんです。ちょっと起きていられないぐらいです。この時は体質がすっかり変わってしまったんだなぁと自覚しました。

そういうこともあり、結局、糖質制限前の糖質量には戻らなくなりました。以前はラーメン+替え玉+〆のごはんみたいなことをやっていましたし、以前が摂り過ぎだったと思います。
特に30歳代後半から基礎代謝が落ちてくる中で、そういった炭水化物祭りは、しっかり体重に反映されるんでしょうねぇ。

毎年12月に人間ドックに行っているんですが、実は前の年にガンマGTPという肝機能を示す値が基準値を超えてしまっていたんです。
基準値が50以下のところ72という数値で、ドック担当の医師からも肝臓が脂肪肝になってきてエコー写真が白くて見えない!って言われていました。
ところが糖質を制限して体重を落としたところ、この年の数値は33になり、医師からも一気に内臓脂肪がなくなったと褒められました。
それが糖質制限して一番よかったと思う点です。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする