当ブログのロカボ生活(糖質制限)の考え方

糖質制限をやっていると、何に不便を感じますか?
当たり前ですが食べるものが制限されます。米はダメ、小麦を使ったパンや麺はダメ、糖分が多いスイーツはもっての外。野菜でも、根菜類はダメ、コーンもダメ、トマトもダメ。糖分が多い飲み物もダメ。
ダメダメばかりなんですよね。そうなると、正直やっぱり・・楽しくないんです!




スポンサーリンク

人間にとって食事は、栄養を補給し命を維持するために大切なものですが、食事を楽しむということも同じぐらい重要だと思います。
食やグルメのテレビ番組や雑誌が多いことからも、興味を持っている人が多いのがわかります。その食事の楽しみが「制限」されることで減ってしまうのはもったいないと思うんですよね。

糖質制限食は、もともとは糖尿病や小児てんかんの患者のための食事療法ですから、まずは血糖値を上げないことが優先され、味や食感などは後回しにされがちでした。
しかし、誰だってせっかくの食事なら、味も食感も香りも楽しみたいですよね。

ロカボが今や一種のブームになり、私が糖質制限をしていた2015年の夏より、今はずっと多くの会社やレストランが低糖質の商品を出しています。
外食するときの選択肢が多くなり、また、食材でもパンや麺など低糖質でも美味しいものがどんどん出てきています。
今は我慢して糖質制限をするのではなく、もっともっと楽しめるんじゃないでしょうか。

当ブログでは、もっと楽しく糖質制限生活を送ろう!という願いを込めて、できるかぎり「制限」といったネガティブな言葉を使わず、「ロカボ」と表現していきたいと思っています。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする