意外に糖質の多い食品

「ごはんもパンもスイーツも控え目にしている。なのに、全然体重が落ちない。」そういう方に食生活を聞いてみると、本人が知らないところでけっこう糖質を取っている場合があります。
糖質制限しているという思い込みなんですが、いったいどういうものから糖質を取っているんでしょうか?
よくある間違いがヘルシー=糖質オフという思い込みです。ヘルシーに思えるのに意外に糖質の多いものを順番に見ていきましょう。




スポンサーリンク

・根菜類
ヘルシーと言えば何と言っても野菜ですが、野菜の中には糖質が多いものもあるんです。それが根菜類。
植物は光合成して栄養分を作りますが、その栄養分はデンプンやショ糖といった糖質なんです。その糖質を葉っぱや茎にはたくさん貯めておけないので、植物は地下に貯蔵器官を作って貯めます。
根菜を食べるということは、そうやって貯めた糖質を食べることになりますから、糖質が高くなるんですね。
いも類(こんにゃくいもを除く)・ゆりね・にんにく・かぼちゃ・れんこんなどが特に糖質が多い根菜類です。

・とうもろこし
サラダに添えられたりするので野菜のイメージですが、とうもろこしは穀物なんです。米・小麦・とうもろこしを三大穀物と呼ぶぐらいです。
メキシコや南米など、とうもろこしを主食にしている国もあります。トルティーヤ(メキシコ料理のタコスの皮)によく使われますね。

・マメ類
大豆の糖質が低いことから、マメは大丈夫だと思っている方がけっこういますが、糖質が高いマメの方が多いです。
マメ類は大きく分けて、糖質主体のマメと脂質主体のマメがあります。
空豆、小豆、いんげん豆、えんどう豆、ひよこ豆、レンズ豆など、ほとんどのマメが糖質主体で、糖質が高くなっています。
一方、脂質主体なのは大豆と落花生ぐらいです。

・春雨
小麦で作った麺よりヘルシーなイメージの春雨ですが、材料は緑豆かイモのでんぷんなんです。材料が糖質主体のマメか根菜類なので、当然糖質は高くなります。

・野菜ジュース
野菜ジュースは香りや味をよくするため、果物を配合していることがよくあります。せっかくフルーツを我慢して糖質を減らしても、野菜ジュースを通してフルーツを取ってしまうことになりますね。
もちろん、糖質オフの野菜ジュースはOKです。ただ、おいしくないんですよね・・。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする